愛媛県|訪問看護ステーションまめ

土・日・祝日・深夜・早朝対応いたします


まめについて

私たち訪問看護ステーション"まめ"は、
「訪問看護を通して、利用者さまの在宅療養生活と医療機関との中核を担う存在でありたい」と考えています。
“必要な看護を、必要な時に、必要なだけ”利用して頂き
利用者さま・ご家族さまの気持ちを第一に安心できる毎日をお約束致します。
確かな知識と技術に裏付けされた、心のこもったケアで笑顔溢れる在宅生活を全力で支えていきます。

サービス内容

サービス内容

 

かかりつけの医師や関係機関との連携をはかり、
専門スタッフが住み慣れたご自宅で必要な医療・介護サービスを提供します
 

日常生活の看護

◎食生活のケア ◎清潔のケア
◎排泄のケア
◎寝たきり予防のケア
◎在宅療養環境の整備

 

病状の観察

◎健康状態のチェック
◎病気や障害の状態チェック
◎血圧、体温、脈拍、血中酸素濃度のチェック
◎内服薬の管理

 

医師の指示に基づく医療処置

◎褥瘡(床ずれ)防止の工夫や指導、処置
◎点滴管理 ◎医療器具管理
(胃ろう、人口肛門、膀胱灌流、中心静脈、吸引、吸入)
◎在宅酸素、人工呼吸器の管理

 

認知症の看護

◎認知症状に対する看護
◎精神・心理状態のケア
◎生活リズムの調整

 

精神・心理的看護
(指定自立支援医療機関)

◎精神疾患・認知症の方の看護
◎生活リズムの調整方法
◎不安やストレスの相談
◎事故防止のアドバイス
◎社会参加への相談(作業などの仕事相談)
◎ひきこもり等、外出支援

 

リハビリテーション看護

◎体位交換
◎日常生活動作訓練
(食事・訓練・排泄・入浴・歩行)
◎福祉用具の利用相談
(ベッド・車イス・ポータブルトイレ)
◎生活自立支援(機能回復・嚥下機能訓練・関節の拘縮予防)

 

専門スタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)によるリハビリテーション

◎日常の生活動作(トイレ・食事・着替え・入浴)
◎日常の基本動作(起き上がる・座る・立つ・歩く・階段)
◎呼吸のリハビリテーション(呼吸の練習・呼吸体操・呼吸筋のストレッチ・筋力強化・呼吸介助・喀痰など)
◎関節可働域の訓練 ◎筋力トレーニング ◎拘縮予防や改善
◎介助方法の検討・指導(抱き起こし方・車椅子への移動の仕方)
◎家事動作の検討・指導(調理・洗濯・掃除)
◎住宅改修・環境調整・福祉用具の選択(手すりの設置・段差解消・車椅子やポータブルトイレの選択)
◎外出練習・趣味活動の練習や指導(外出の検討/指導、趣味をもう一度したい・新しいことを始めたい)
◎廃用症候群の予防(動く機会がなく寝たきりになりそう‥)
◎摂食・嚥下(食べる・飲み込む)の訓練
◎ことばを話す・書く等のコミュニメーションの練習
◎自主トレーニングの検討・指導

 
 

24時間365日の連絡対応制

 ◎看護師と24時間365日いつでも連絡をとることができます。必要に応じて緊急訪問を行います。
対応できない地域もございますので、
ご相談ください。別途契約が必要です。

 

社会資材(サービス)の導入に関するアドバイスや主治医・ケアマネジャー等の関係者への連絡
(諸機関との連携や調整)

 

終末期の看護

 ◎疼痛コントロール
◎看取りケア
◎精神的な支援

小児医療も対応
スタッフ紹介
 

スタッフ紹介

 明るくて元気なスタッフが安心できる毎日をお約束します
管理者
看護師

田所 由美

たどころ ゆみ

訪問看護は病気を看るだけでなく、利用者さまの生活、人生まで看れるものだと思っています。在宅での療養がどんどん一般的になってきている昨今だからこそ、看護師にしか出来ないサービスやご要望も多種多様化してきました。
さまざまな病気と向き合いながら、自宅での生活を自分らしく過ごすため、一緒に悩み、一緒に笑い、一緒に歩んでいけることが訪問看護師の仕事の醍醐味であり、自分自身もそうありたいと心がけています。
知識も経験もまだまだ不足しておりますが、それを補えるよう心で寄り添い、笑顔で不安を吹き飛ばせるよう、利用者さまに向き合っていきたいと思います。

 
主任
看護師

髙田 純子

たかた じゅんこ

近年、入院日数の短縮化に伴い在宅医療への移行が高まっています。在宅医療とは、住み慣れた自宅で治療を受けることをいいますが、その在宅医療に欠かせないものの一つとして訪問看護があります。 私たち訪問看護師は、病気や障がいがありながらも、その人がその人らしく生活することができるよう、それぞれに
応じた看護を提供させていただいています。ご利用者様やご家族様が、住み慣れたご自宅でより良い生活を送ることができるよう、私たち訪問看護師に少しでもお手伝いをさせていただければと思っています。
人と人の繋がりを大切にしながら、訪問看護を通じてご利用者様の毎日に潤いが生まれるよう、支援させていただきます。

 
主任代理
作業療法士

曾我 拓仁

そが たくと

私が尊敬する作業療法士の言葉に「人にとって病気や障害とは、日々の作業の営みの障害」という言葉があります。その言葉の通り、病気や障害は身体的制限のみならず、在宅生活に大きな制限をもたらします。また、それによる精神的負担やご家族の介護負担も大きな問題となってきています。
訪問看護でのリハビリでは身体に関する支援はもちろん、そういった在宅生活でのお困りごとや精神的負担の緩和、ご家族様の介護負担の軽減等、利用者様とご家族様の日常生活のトータルサポートを行います。そのため利用者様やご家族様が何を望まれ、ご自身らしい生活が送れているのか、心身面の把握だけではなく生活環境や社会的背景を踏まえた関わりを日々意識して業務に取り組んでおります。
若輩者で至らぬ点もあるかと思いますが、全力で利用者様に向き合い、より良い生活を送ることが出来るよう尽力してまいります。